【初心者向け】ネットワークに関する問題を解決する。【PART1】

昨今FPSやMMOといったオンラインゲームをやっている友人からよくPINGが悪いだとかネットが遅いという話を聞きます。
ところで、皆さまはネットワークが悪くなる原因についてどのくらいご存じでしょうか?

本日はご自宅のゲーム環境、その中でもネットワークの改善についてエントリーしたいと思います。

※本記事は、初心者向けの記事です。わかりやすく解説するため、一部で実際とは異なる表現がある場合があります。

【PART1】インターネットに接続する仕組みを理解する。- 家の中のネットワーク構造を理解する。

ご自宅のパソコンがどういうルートでインターネットにつながっているかご存知ですか?まずは下記を見てください。

 

 

これは家の中のネットワーク構造を簡単にまとめた図です。
モデムとルーターが一体型になっている、光ゲートウェイという機械があるご自宅もあるかと思いますが、二つがまとまっているだけであまり構造は変わりません。

家の外に出る前の段階ですでにパソコンから先に2つの機器が存在することがわかります。
パソコンを含めた機器3つをLANケーブルで接続しているのが見て取れると思います。
もしあなたが高速な光回線のインターネットを契約しているのに、速度やPING(応答速度)が遅い場合は、この家の中のネットワーク構造に問題がある可能性があります。

このモデムルーターパソコン本体と、LANケーブル。すべてに通信できる規格上の速度が設定されています。
例えば、LANケーブルであれば、ケーブルをよく見るとCAT5とかCAT5eとかCAT6とかという記載があります。
これはCAT(CATEGORY)が何か。という表記で、例えば、CAT5だと100Mbpsという速度まで対応した規格のケーブルとなります。

つまり、パソコンやルーターが1000Mbpsに対応していてもケーブルが100Mbpsまでの対応のものを使ってしまっているとそこがボトルネックとなり、全体の速度が100Mbpsになってしまいます。

少し勘のいい方はすでにお気づきかもしれませんが、ルーターやモデム、パソコン本体にも規格上の通信できる速度があります。
取扱説明書などに記載がありますがわからなければ、製品の型番をググりましょう。(それでもどうしてもわからない!って場合はコメントをいただければと思います。)

このエントリーでは、有線接続について説明しましたが、無線接続でも通信できる規格があります。
無線接続については、追って記載しますので良ければ楽しみにしておいてください。

次回は、家の外に出たネットワークがインターネットにつながるまでの構造を説明します。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です